今日は、2011年11月11日。

1が6個並ぶ。

世間では、“ポッキーの日”らしい。

と同時に、“立ち呑みの日”らしい。

と同時に、“豚まんの日”らしい。

でも、個人的には“結婚記念日”である。

祝2周年。おめでとう。

そんな個人的なことはまあ置いといて、今日はGoogle Analyticsのトラッキングコードを外部ファイルに記述することにした。

ブラウザで“ソースを表示”すると、Google Analyticsのトラッキングコードがだらだら記述されていて、“なんか美しくないな~”、“毎回ロードする度に読み込むのも無駄だな~”と常々思っていた。

しかし、各ページのトラッキングなので各ページ毎に書かなければいけないものだと思い込んでいたので、Google Analyticsの仰る通り</head> 終了タグの直前に記述していた。

とは言え、バカ正直に各ページに記述していたワケではなく、phpのインクルードファイルにトラッキングコードの記述を関数化し、各ページ読込時に関数を実行するようにしていたのだが。

でも、何とかなるんじゃないかと思いググってみたところ、なんとかなりそうだった。

Google Analytics に検索エンジンを追加+外部ファイル化
http://www.1010uzu.com/boyaki/201001-06141405.html

このサイトでは、トラッキングコードの外部ファイル化のみならず、日本語サイトの検索エンジンを追加するというオマケ(むしろこのサイトではこちらが本題になっているのだが)まで付いている。

こりゃええわい。

このサイトに書かれている通り、外部ファイルにトラッキングコードを記述して保存。

代わりに、それまでインクルードファイルに記述していた関数部分と、関数コール部分を削除。

で、サーバーにアップロードし、トップページにアクセスして確認してみた。

問題ない。

はずだった。

ところが。

ブログページに行ってみると、画面が真っ白け。(正確には、bodyのbackgroundのスタイルの色一色)

慌ててソースを表示して確認してみると、<head>の途中までしか読み込まれていない。

php.iniで“display_errors=on”にしてみても、まったくエラー表示されない。

初めはさっぱり意味が分からなかったが、色々考えているうちに思い当たる節が。

そういえば、nucleusのブログページでは、スキンファイルにGoogle Analyticsのトラッキングコードを記述する関数をコールするようにしていたんだっけ。

そのコールされるべき関数を削除したもんだから、そこで読込がストップしたみたい。

スキンから該当する記述を削除して、もう一度リロードしてみると、良かった、ちゃんと表示された。

結局phpの関数が読み込まれなかったのが原因なので、phpのエラーメッセージが吐き出されてもいいはずなのだが、、、何故表示されなかったのかは不明のまま。

まあ、正常に読み込まれるようになったんだから、いっか。

あとは、外部ファイルに記述したトラッキングコードがちゃんと情報収集してくれるかが問題だが、明日以降のレポートを楽しみにしよう。