体重測定

No.1 ⇒ 21g (回収フン:17g)

No.4.1 ⇒ 26g (回収フン:23g)

体重とフンの量には相関関係があるのか?

さすがにこの時期にもなってくると、体重の劇的変化は見られない。

この2匹は観察用としてプリンカップ(大)でそれぞれ飼育しているのだが、カップが小さいせいか投入した“バイオくち木”がすでにバラバラになっている。飼育ケースの方は外から見る限りあまり形が崩れていなかった。

この“バイオくち木”は、「幼虫の大型育成に効果的な茸菌ブロックを熟成・乾燥し、くち木化させた高栄養エサ木です。」と袋に書いてあったが、本当モリモリ食べて大きくなるのか?もしかしたらもっと初期に与えなければならなかったのかもしれない。

しかも、バラバラになったくち木がフン除去時に一緒にふるいに残ってしまうため、とても面倒くさい。

これまで3、4日ごとに体重測定およびフン除去を行ってきたが、体重変化もあまりないし、今後は週1のペースで体重測定を行うこととする。

No.1の幼虫

No.1の幼虫。バラバラになったくち木が面倒くさい。

No.4.1の幼虫

No.4.1の幼虫。3日前とさほど変化ナシ。